top of page
画像②.png

就労移行支援事業所って何?

​就労移行支援とは、障害者総合支援法に規定される障害福祉サービスの一つです。

障がいや難病があり、一般就労を希望する方に、仕事をする上で必要なスキルを身につける職業訓練、自分に合った仕事をみつけるためのサポート、内定後の定着支援を一貫して行います。

ラコンテ柿生では、障がいがあっても「働きたい」という気持ちを全力でサポートします。

働くために必要な知識や能力を身につけられるよう、一人ひとりに合わせて個別でプログラムを作るので、自分のペースで進めていけるので安心して下さい!

就労移行支援事務所はどういう人が利用するの?

・働きたいけど、障がいや病気のことで自信がない
・就職するためのスキルを身につけたい
・自分にあった就職先を見つけたい

など「働きたいけど、どうしたら良いのかな…」と不安を抱えていらっしゃる方が多いです。

就労移行支援事業所に通って、働くためのトレーニングを行い、その人に合った就職先を一緒に探します。

就労移行支援サービスを利用したい場合、下記の条件を満たしている方が対象になります。
①身体・知的・精神障害(発達障害含む)や難病のある方

②企業等での就労または開業を希望する方で、就労が可能と見込まれる方

③原則18歳以上から65歳未満の方   

利用対象者

・精神/知的/身体/発達障害のある方
・18歳−65歳未満の方
・就労/社会復帰を目指している方
・復職を目指す休職中の方(リワーク)
・引きこもりの方

毎月の費用について

①前年度の収入が概ね300万円以下の世帯・生活保護世帯:無料
②前年度の収入が概ね600万円以下の世帯:9,300円
③それ以外:37,200円

就労移行支援サービスは、身体障害・知的障害・精神障害・発達障害、難病をお持ちの方にご利用いただけます。

障害者手帳をお持ちでない方も、医師の診断や定期的な通院などがあれば、利用が認められる場合も多くあります。

「利用してみたい、利用できるか知りたい」という方は、一度お話を聞かせてください。​

bottom of page